更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2014 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312015 01

【  2014年12月  】 

今年一年お世話になりました!

3ページ目

2014.12.31 (Wed)

 こんばんは、野津征亨です。年越しギリギリの更新ですみません(正確にはアウトです・汗)前記事に沢山の慰めのコメントをありがとうございました。お陰様で何とかショックを乗り越えられそうです。大変遅くなってしまいましたが、以下頂戴した拍手コメントのお返事です。>12/28 紗真紗様こんばんは。返信遅くなってすみません(汗)今年はお世話になりました。来年もお引き立てのほど、よろしくお願いいたします。>12/29 俊樹...全文を読む

PageTop▲

本年度最凶の個人的大惨事

雑記 2

2014.12.31 (Wed)

 書 い て い た 散 文 が 全 部 消 え た( ゚Д゚)(゚Д゚ )(;゚Д゚)――ぁァアああ亜ぁああ阿ぁァ!!!!!!\(゜Д\;)( ;/Д゜)/なんてコトしちまったんだ自分チクショおおおおおおおだからパッと思いついた時にテキトーにフォルダに上書きしたらイカンと常々注意しとったのに…!!…2014年最後の日にしてめっさ凹みました。これも日頃の行いが悪いせいなのか(滂沱)ということで拍手コメントのお返事はまた後ほど別記事...全文を読む

PageTop▲

狂気の贄 27

第三章 新たなる贄

2014.12.28 (Sun)

 27 虚ろの中の安寧「――気がついた? シュー」 ほんのすぐ近くから聞こえる、吐息混じりの抑えた吐声。 額を、頬を、顔の輪郭をたどる、節張った指先の感触。 真っ黒な混沌から浮上し瞼を押し開けると、そこに映りこんだのは深い海底(うなぞこ)の双玉に彩られた精悍な麗貌。鼻先の触れ合うほどの距離で、王は修記郎に微笑した。 揺れる灯火に照らされた彫りの深い面(おもて)と、閉じられた窓際のカーテンの隙間から差しこ...全文を読む

PageTop▲

イブなど知らぬ

3ページ目

2014.12.24 (Wed)

 こんにちは、休暇満喫中の野津征亨です。やっぱり実家はいい。のんびりできる。ビバ、ストレスレス…!!以下、頂戴した拍手コメントのお返事です。>12/23 nobi8n様こんにちは、いつもお世話になっております!自分で言うのも何ですが、父も母も、それはもう喜んでおりました(笑)つい昨日も、母方の祖父母と一緒に外食に行って会計をしたら、「生きたお金の使い方をした」と褒められました。nobi8n様もよい年末年始をお過ごしく...全文を読む

PageTop▲

帰省しました

雑記 2

2014.12.22 (Mon)

 こんばんは、当方管理人・野津征亨です。約五ヵ月ぶりのPC……幸せ……っ!!タイトルにある通り、昨夜無事九州の実家に帰省いたしました。単身赴任先から車でこちらに移動していた父と駅前で合流し、途中でパートあがりの母も拾って、焼肉食べ放題で豪勢な晩飯をたらふく喰らって帰りました。賞与を支給された後の初おごりでございます(笑)どうせ金を払うなら、今度はもうちょっと上等な焼肉屋に行こう。以下、頂戴した拍手コメント...全文を読む

PageTop▲

年末点検終了!

3ページ目

2014.12.19 (Fri)

 こんばんは、野津征亨です。長かった一週間、最後にして最大の山場である学校長点検も無事終了し、本日1700より年末年始休暇と相成りました…!で、つい先ほどまで冬常装に階級章を縫い付けておりました。もう針は折れるわ、自分の指を刺すわで酷い有り様でしたよ。お陰で手は流血、縫い針三本と永遠にサヨウナラしました。しかも、一時間半かけてやっとひとつ縫い終わるとか、どうなっとーとや(涙)――ええ、自分、不器用ですから...全文を読む

PageTop▲

お祝いコメント、ありがとうございました!

3ページ目

2014.12.13 (Sat)

 こんにちは、野津征亨です。今週は年末点検に向けての清掃と忘年会とで、勤務でも内務班でもバタバタしておりました。愚痴をこぼしたいことも多々ありましたが、見苦しいのでここでは黙します。遅くなってしまいましたが、この度は沢山のご祝辞をありがとうございました!皆さま方の温かいご支援、ご厚意を糧に、拙ブログ『下戸につき』は今日もネットの大海の片隅でひっそりと息を続けております。以下、頂戴した拍手コメントのお...全文を読む

PageTop▲

気づけば一年

雑記 2

2014.12.07 (Sun)

 こんばんは、当方管理人・野津征亨です。この文言から始まる記事を、これまで一体幾つ書いてきたのか、自分でも判りません(笑)で、いきなりですが拙ブログ、十月十二日に開設一周年を迎えておりました。二ヶ月近くも経ってから言うこっちゃねぇ!と思いましたが、誰にも祝われず終わるのも何だか虚しいので、せめて管理人であるわたしくらいは祝ってやらんとなあ、と。自分の誕生日に自分でプレゼントを買うような一抹の淋しさに...全文を読む

PageTop▲

狂気の贄 26

第三章 新たなる贄

2014.12.06 (Sat)

 26 奔流する憤怒 かくて、予期せぬ乱入者によって、修記郎は辛くも異母弟の追求から逃れ得た。 だが救世主たるテレシラは、既に部屋を後にして久しい。 退室する際、彼女は引き続き修記郎の側にとどまろうとする龍一も一緒に連れて行ってくれた。 龍一は大切な弟で、その再会は望まぬものではあったが確かに喜ばしいものだった。けれども彼が長い間裡(うち)に秘めていた己への倫(みち)ならぬ想いが、どうしても姉弟二人、...全文を読む

PageTop▲

懐さびしい師走かな

雑記 2

2014.12.06 (Sat)

 こんばんは、野津征亨です。昨夜『狂気の贄』の続きを投稿しようとして力尽きましたorzこの雑記の後に記載する予定ですが、打ち間違い甚だしいスマホのキーに耐えられず怒り爆発したらその時点で終了です。何卒ご了承くださいませ(頓首)まずはいただいていた拍手コメントのお返事です。FC2の拍手のほうはノーマークでしたので、すっかり遅くなってしまいました。大変申し訳ございませんでした。>11/30 mamori様すみません、先...全文を読む

PageTop▲

前月     2014年12月       翌月

Menu

プロフィール

野津征亨

Author:野津征亨
ようこそ いらせられませ
こちら 駄文という名のガラクタ置き場となります
基本リンクフリーですが
宜しければご一報いただけると嬉しいです

モットーは
「好きなものを
 好きな時に
 好きなだけ」

半年以上更新が途絶えたときは
既にこの世にないものとお考えいただけますと是幸い

カレンダー

11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

最新記事

最新トラックバック

カウンター

現在参加中

ブロとも申請フォーム